So-net無料ブログ作成

谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)

 自民党は1日、谷垣禎一総裁(65)ら執行部が所属議員と意見交換する両院議員懇談会を開催した。今夏参院選を見据えて、約150人の出席者からは「総裁にリーダーシップがない」「野党の存在感がない」「派閥政治を終わらせろ」と批判とともに、執行部人事刷新を望む声が続出。谷垣総裁は「私の使命は夏の参院選で勝つことだ。人事の骨格をいじる考えは毛頭ない」と参院選勝利に政治家生命をかける決意を示し、執行部刷新を拒否した。

 懇談会後、中堅の議員からはしらけムードの声が。河野太郎氏(47)は「自民党は変わっていないから嫌だという声が圧倒的に多い。谷垣総裁が力説しても空虚に聞こえる」。山本拓氏(57)は「領袖が総裁選に出られないような派閥は解消し、新たに与謝野派、舛添派、小泉進次郎派をつくれ」と話した。

 谷垣総裁は執行部刷新要求をかわすため、近く発足する参院選対策本部で舛添氏に幹部ポストへの就任を要請することを検討中。執行部への批判が強まる中、反執行部を取り込む“ガス抜き”の狙いが見え隠れする。

 だが、懇談会を与謝野馨氏(71)とともにボイコットした舛添氏はこの日午後、「絶対に受けない」と拒否。「現体制の刷新が私の要求。それを受けずして私が執行部入りすることはない」と断言した。懇談会は2日、5日と続くが、腹を割って話せば話すほど、執行部の求心力は低下する恐れも出てきた。


 【関連記事】
鳩山首相VS谷垣総裁 両者見せ場なし…2度目党首討論
「もし諜報員なら」…進次郎氏、中井氏を批判
谷垣禎一 リーダーシップ 派閥政治 を調べる

男6人を殺人容疑で再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
別のわいせつ行為で再逮捕へ、教え子暴行の米国人(読売新聞)
<山本病院事件>容疑者死亡で不起訴に 奈良地検(毎日新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し−与謝野、平沼氏ら(時事通信)
<スペースシャトル>山崎直子飛行士、日本時間5日夜宇宙へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。